気を付けたいこと

レーシック手術を受ける上で、気を付けたいことがいくつかあります。ポイントを抑えておくことで、安心安全の治療を受けることが可能となります。
では、どういったことに気をつければよいのでしょうか。

レーシック手術を受ける前には、必ず検査が行なわれます。この検査では、レーシック手術を受けることが出来るかどうかを調べます。様々な注意点がありますので、インフォームドコンセントがしっかりとしているクリニックを選ぶ必要があります。
大阪のクリニックというのは、多くの人が集まります。大阪に人が集まる理由の一つにインフォームドコンセントがしっかりしていて、安心して治療を受けることが出来るということが挙げられます。

また、コンタクトレンズを使用しているという場合には、手術を受ける数日前から外した状態で生活をすることとなります。その理由は、コンタクトレンズを装着していると角膜の形状が変わってしまうからです。そうなると手術前の検査を行なっても正確な数値が現れません。ハードレンズは手術の3週間前、ソフトレンズは1週間前からメガネに切り替えるようにしましょう。もしも、外すことを忘れていた場合には検査が延期になります。

前日は、眼に刺激を与えないように安静にします。仕事や学校を休めるようであれば、1日自宅で安静にしましょう。前日だけではなく手術の当日、翌日も安静にしていることが望ましいです。

レーシック手術を受ける時期ですが、花粉シーズンは目をこすってしまいがちなので避けることが無難です。

大阪のクリニックでは、安全にレーシック手術を受けることが出来ますが、さらに安全性を高めるためにもしっかりと注意点は守って当日を迎えましょう。

大阪で手術をして、一番に大阪の素晴らしい景色を目にしましょう。