術後気をつけよう

大阪のクリニックでレーシック手術を行なうことで、高い技術で手術を受けることが出来ます。レーシック手術は大阪のクリニックだけに関わらず、どこであっても手術をした当日に帰宅することが出来る手術ですが、早く視力が回復するためにもいくつか注意点があります。
他のページでは手術前の注意点を紹介しましたが、このページでは手術後に気を付けたいことを紹介します。

手術の後というのは、目がデリケートになっています。
術後すぐに効果が現れる人もいますが、術後のケアによって回復効果や効果保持に影響が現れてしまいます。そのため、術前もそうですが、特に術後には気をつけなければなりません。

手術の後には、目を保護するための専用サングラスがあります。大阪のクリニックでは、もらえるところがあります。ゴーグル状になっていますので、眼の中にホコリ、花粉、紫外線が入ってこないように予防することが出来ます。手術が終わった翌日に眼科検診を受けることになりますので、検診が行なわれるまで装着しておくとよいでしょう。
また、寝ている時に目をこすってしまうくせがあるという人は、寝るときにも装着しておくとよいでしょう。目を保護することが出来るだけではなく、視界も暗くなるので安眠できます。

手術が行なわれると、数日間薬が処方されます。これは、合併症を引き起こさないためです。医師に指示されたとおりに服用するようにしましょう。

手術当日は出来るだけ目に刺激を与えないように、入浴や洗顔は行なわないようにしましょう。翌日以降は通常通り入浴や洗顔は可能です。

飲酒や喫煙も術後1週間は避けるようにしましょう。

大阪のクリニックでは高い視力回復効果を得ることが出来ます。ただ、技術だけに頼るのではなく、本人も注意点は守るように心がけましょう。